見落としがちキャッチコピーポイント3選

制作ノウハウ系

最も伝えたいメッセージは何か具体的に決めることが大切です。

他とは差別化できる強みにスポットを当て、その強みを端的に、かつ簡易な言葉で表現することを考えましょう。

明確なターゲット層を決め、ニーズを把握する。

キャッチコピーを作る前に、ターゲットを明確に定めることが大切です。

性別や年代、立場などのターゲット像を明細にしましょう。

ターゲット層が曖昧だとキャッチコピーも誰に向けたものなのかぼんやりしたものになってしまいます。

強みをキーワードに盛り込む。

強みをリストアップしてキーワードを盛り込むことが有効です。

例えば「○○時間継続する消臭効果」や「オーガニックにこだわった食品」など強みを利用したキャッチコピーです。

まとめ

最も伝えたいメッセージを決める

明確なターゲットを決め、ニーズを把握する。

強みをキーワードに盛り込む。

 様々なご用途に合わせ、臨機応変にご依頼を承っておりますので、

まずはお気軽にご相談頂けましたら何よりです。

当スタジオの1分紹介動画です。

商品のPR、お店のPR動画、お店のオリジナルソング、YouTubeチャンネルを作ってみませんか?
「スタジオ スタートクリエーション」は、
YouTubeInstagram 広告に特化したオリジナル音楽と、動画編集専門業者です。リール動画の代行も大募集中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。